通信制大学から心理系大学院 合格までの道のり

心理系通信制大学(聖徳大学)へ3年次編入し、国立大学院へ合格しました。公認心理師・臨床心理士の資格取得が目標です。通信制大学を最短で卒業するための勉強方法や受験対策について書いていきます。

はじめに

このサイトでは、公認心理師の資格を得るための通信制大学の学習や、心理系大学院の受験情報をまとめています。

 

大学院受験

▶心理系大学院 合格体験記

psychology-study.com

▶心理系大学院受験 Q&A集

psychology-study.com

▶心理系大学院受験 概要

psychology-study.com

▶心理系大学院 受験勉強まとめ

psychology-study.com

▶心理系大学院 参考書まとめ

psychology-study.com

▶志望校・研究室の探し方 まとめ

psychology-study.com

▶2022年度 説明会日程

psychology-study.com

 

通信制大学 聖徳大学

▶【保存版】聖徳通信心理学科 完全攻略マニュアル

psychology-study.com

聖徳大学心理学科 卒業体験記

psychology-study.com

公認心理師 実習先の自己開拓 まとめ

psychology-study.com

▶心理学科 科目別感想 まとめ

psychology-study.com

聖徳大学の評判 まとめ

psychology-study.com

聖徳大学 困ったときのQ&A

psychology-study.com

 

▶自分に合った記事を探すとき

psychology-study.com

 

 

サイトの目的

社会人他学部から聖徳大学心理学科に3年次編入し、国立大学院に合格した自分が、よりよい学習をするための情報を発信しています。

 

・孤独な通信制大学の学習生活や、通信制大学の卒業を目指す人のサポート

公認心理師対応・臨床心理士指定大学院に合格するための受験勉強のサポート

・心理学に興味のある人に、独学でもできる勉強方法のノウハウを伝える

 

聖徳大学に入学したときや、大学院の受験勉強をしていたときに「こんなサイトがあればよかった」「この情報を先に知りたかった」と感じた内容を詰め込んで、分かりやすく伝えられるサイトを目指しています。

 

サイトの対象者

公認心理師に興味がある人、公認心理師を目指している人

通信制大学の卒業を目指している人

・心理系大学院に合格したい人

・心理学の勉強方法が分からない人、心理学に興味がある人

 

筆者について

・社会人他学部→聖徳通信心理学科へ3年次編入→国立大学院合格

 

自分は、社会人をやりながら公認心理師臨床心理士になりたいと考え、通信制大学聖徳大学に3年次編入しました。

聖徳大学の卒業を目指しながら、大学院の受験勉強も同時に行い、聖徳大学の在学中に無事に第一志望の国立大学院に「一般入試」で合格することができました。

他学部出身だったので、心理学の知識は全くない状態から心理学の勉強を始めました。

無事に留年せず、最短の2年間で聖徳大学を卒業、その後ストレートで大学院へ進学することができました。

 

このサイトには、外からではよく分からない、通信制大学の勉強方法や、学生生活についてまとめました。

卒業までに必要な勉強時間や、レポートや試験に落ちたときの対処法、役に立った参考書、実習先の自己開拓など、卒業を目指している人には必須となる情報を知ることができます。

 

難関大学院といわれていた国立大学院に合格した勉強方法やノウハウもまとめました。

社会人他学部出身の自分は、受験前に「合格は厳しいだろう」と予備校の先生に言われていましたが、無事に合格を勝ち取ることができました。

 

このサイトには約1年半の受験勉強で、第一志望校に合格した勉強法を詰め込みました。

英語や心理学の勉強法、研究計画書の作成、大学院や教授の情報の集め方、志望校の決め方、研究室訪問、外部受験、予備校の探し方、受験期間のメンタルの維持などについてまとめてあります。

大学院へ合格したいと考えている人の参考になると思います。

 

このサイトとは別に、noteでも、通信制大学や大学院受験に関する情報を発信しています。noteはオフレコ話や砕けた内容が多めになる予定です。

note.com

 

自分に合った記事を探す方は、「サイトマップ」が便利です。

psychology-study.com

 

更新情報はTwitter(@mtmt_yama_)でつぶやいています。

 

 

問い合わせ先

質問や「こんな記事を書いてほしい」という方がいらっしゃいましたら「お問い合わせフォーム」からご連絡いただければと思います。

(全てのご要望にお応えできるとは限りません)

 

最後に

また、このブログに書いてある内容は、自分が大学に在籍していた当時の情報になるため、必ず最新の情報を確認するようにしてください。

あくまで「個人の勉強の記録」として読んでいただけたらと思います。

 

このサイトが誰かの役に立てれば幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 サイト運営について                 

このサイトは、通信制大学での学習や大学院受験の情報集めで苦労した経験から、少しでも同じ境遇の人の役に立ちたいと考え、立ち上げました。

 

ありがたいことに想像以上の方に閲覧していただいています。

「信頼できる情報が少ない中、参考になった」「心理学を学ぶ一歩を踏み出すきっかけとなった」というお声もいただいています。

自分としては、できるだけ長期間、サイト運営を継続したいと考えています。

 

もし「このサイトが役に立った」「もっと長く運営してほしい」「記事数を増やしてほしい」と感じてくれる方がいらっしゃいましたら、投げ銭していただけるとサイト運営のモチベーションになります。

投げ銭は、リンク先のnoteから行えます。noteにはオフレコの話や、実習先の自己開拓の話などを書いています。

note.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

通信制大学聖徳大学)の情報はこちら>

psychology-study.com

 

<大学院受験の情報はこちら>

psychology-study.com


 

<おすすめ記事はこちら>

psychology-study.com

 

psychology-study.com

 

psychology-study.com

 

心理学の過去問研究のやり方【心理系大学院受験】

今回は、大学院受験における心理学の過去問研究のやり方を、難関国立大学院に合格した筆者の視点から解説します。

公認心理師臨床心理士を目指して心理系大学院を受験する人の参考になれば幸いです。

 

  • はじめに
    • 過去問を入手する
  • 過去問研究でやること
    • 出題領域
    • 用語の難易度
    • 出題形式
    • 事例問題の有無
    • 試験時間内に必要な記述量
    • 先生の専門性との合致度
  • 目指すべき目標
  • まとめ

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

心理英語の過去問研究のやり方【心理系大学院受験】

心理英語の過去問研究のやり方を、難関国立大学院に合格した筆者の視点から解説します。

今回は、大学院入試で出題される「英語」の過去問研究についてまとめました。

「心理学」の過去問研究の方法は、別の記事にまとめる予定です。

 

公認心理師臨床心理士を目指して心理系大学院を受験する人の参考になれば幸いです。

 

  • 過去問分析のやり方
    • 原本を入手する
    • 出題形式
    • 長文の長さ
    • 1問にかけられる時間を計算する
    • 出題される単語の難易度
    • 心理学特有の英単語の意味
    • 和文英訳・英作文
    • TOEICスコア
    • 出題傾向
  • 目標設定
  • まとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

大学院入学前にやってよかったこと【大学院入学準備】

今回は、大学院の合格後にやってよかったことをまとめます。

大学院受験に合格した後、「何をしたらいいのか分からない」「大学院に向けてどんな準備をしたらいいのか」など、疑問に思う人も多いと思います。

受験が終わったら、大学院生活が始まるまでに「遊べ!」とアドバイスされることも多いと思います。今回は「遊び」以外の内容で、大学院合格後にやってよかったことをまとめます。

 

  • 人間関係
    • 受験でお世話になった人にお礼を言う
    • 周囲の人に進路の報告
    • 親しい人と時間を過ごす
  • 買い物
    • ノートPCの購入
    • リュックの購入
  • お金のこと
    • お金のことを考える
    • お金の勉強する
    • 奨学金を調べる
  • メンタル・健康
    • サードプレイスを探す
    • 新しい趣味を探す
    • 病院へ行っておく
  • 大学院生活の準備
    • 研究室の先生・先輩にコンタクトを取る
    • 研究を進める
  • 勉強
    • 統計の勉強
    • 公認心理師試験の勉強
    • 学会、勉強会への参加
  • まとめ

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

いつから心理系大学院の受験対策を始めるべきか【社会人・外部受験】

今回は、公認心理師臨床心理士を目指して心理系大学院の受験を検討している人向けに、「いつから本格的に勉強を始めるべきか」「いつから情報を集め始めるべきか」といった内容について書いていきます。

 

自分は、社会人経験を経て、通信制大学に3年次編入し、心理系大学院を外部受験しました。

そのため、大学の学部からストレートで進学する、内部受験の事情については分かりません。

今回は、「外部受験者」「社会人受験者」「通信制大学から受験する人」に焦点を当てて解説していきます。

 

  • 筆者について
    • プロフィール
    • 受験対策スケジュール
  • 早ければ早いに越したことはない
  • 大学院受験は情報戦
  • 重要な3つの要因
    • 現在の心理学の知識
    • 志望校に知り合いはいるか
    • 志望校の難易度
  • まとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

どれくらい心理学の勉強をするべきか【心理系大学院受験】

大学院受験に向けて心理学の勉強をしている人の中には「どの水準まで勉強したらいいのか」「どれくらいの範囲をカバーしたらいいのか」など、疑問に思う人もいると思います。

自分もその中の一人でした。

 

今回は、「どこまで心理学の勉強をするべきか」ということを、第一志望の国立大学院に合格した筆者が体験談や反省を踏まえて、「もしこれから受験勉強をするなら、この範囲までカバーできるように勉強する」という勉強計画を考えてみます。

 

  • 大学院の受験勉強って難しい
  • 目標を定める
    • 過去問研究をする
  • 照準を定める
    • 主軸の参考書を1冊決める
    • 参考書を3冊以上用意する
  • 志望校に特化した対策をする
    • 過去問に出てくる用語
    • そこから広げる
    • 教授の専門分野を調べる
    • シラバスを見て、教授の使用している教科書を読んでみる
    • 公認心理師試験の範囲もチェック
  • やっぱり不安
    • 出題されない範囲はやらない
    • 「全部網羅できてない、時間が足りないと思うことができた人は勉強してる証拠」
  • まとめ

 

スポンサーリンク

 

 

 

続きを読む

心理統計学の学習のヒント【心理学統計法】

心理統計学に苦労している人は多いのではないでしょうか。

統計学の知識は、大学の授業や、心理系大学院入試、公認心理師試験でも必要になります。

 

今回は、心理統計学に苦労している方に向けて、学習のヒントをまとめます。

 

  • なぜ統計学の勉強がしんどくなるのか
  • なぜ統計学を勉強しなければいけないの?
    • Youtube「なぜ心理学に統計が必要なのか?」
  • 教科書の内容を理解したい
    • Youtube 「中学数学からはじめる確率統計」
    • 鉄則10&キーワード25 心理統計編
    • すきま時間の心理学
  • 数式は苦手なので、豆知識や雑学から攻めたい
    • ヨビノリ「確率論の歴史」
  • 数式の苦手意識をなんとかしたい
    • 中学数学、高校数学からやり直してみる
    • 高校数学をやり直す
  • おすすめの参考書
  • まとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

心理系大学院受験のスケジュール【外部受験・社会人】

通信制大学から心理系大学院に合格した筆者の受験勉強のスケジュールをまとめました。

 

  • プロフィール
  • スケジュール
    • 3年4月
    • 3年6月
    • 3年8月
    • 3年9月
    • 3年12月
    • 4年4月
    • 4年6月
    • 4年10月
    • 4年12月
    • 4年冬
    • 4年3月
  • 難しかったこと

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む