通信制大学から心理系大学院 合格までの道のり

公認心理師・臨床心理士を目指す人向けの情報サイトです。心理系大学院の受験情報や通信大学の卒業を目指す人向けに、勉強ノウハウをまとめています。

社会人と心理系大学院生は両立できるのか【公認心理師・臨床心理士】

公認心理師臨床心理士の資格取得を目標に心理系大学院へ通うことと、社会人が両立できるのかについてまとめます。

筆者は社会人経験を経てから、仕事を退職し、心理系大学院へ進学しました。社会人経験がある筆者の視点から、心理系大学院の2年間の学生生活と仕事が両立できるのかについて、個人的な見解をまとめます。

あくまで、筆者の大学院経験をもとに書いているため、ほかの大学院では実態が異なる可能性があります。ご了承ください。

 

  • 結論
    • 社会人と心理系大学院生(臨床心理系)の両立は厳しい
  • 理由
    • 実習が平日昼間にある
    • 授業のコマ数が多い
    • 心理検査・カウンセリング等の練習時間が必要
  • 例外
  • お金について
    • 奨学金、学費免除
    • アルバイトはできるのか
  • 受験する前に
    • 必ず大学院説明会へ出席、研究室訪問をしよう
  • まとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

心理系大学院でアルバイトはできるのか【公認心理師・臨床心理士】【大学院生活】

心理系大学院でアルバイトができるのか、どれくらい忙しいのかについて、実際に大学院に通っている筆者が解説します。

公認心理師臨床心理士を目指して大学院進学を検討している人、これから大学院へ進学する人が大学院生活をより具体的にイメージするためにこの記事を読んでもらえると幸いです。

なお、大学院のアルバイト事情は、通っている大学院や研究室の忙しさ・方針によって異なります。あくまでも筆者の観測範囲内の事情になることをご了承ください。

 

  • 結論:大学院や研究室による
  • アルバイトをする時に考えること
    • 忙しさ
    • 実習との両立
    • 指導教員、大学院の方針
  • バイトの種類
  • 志望校でアルバイトができるか確認する
    • 大学院説明会、研究室訪問で質問してみよう
  • まとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

聖徳大学心理学科で学べること・学べないこと【公認心理師】【通信大学】

聖徳大学心理学科で「学べること」と「学べないこと」を比較し、得られる能力をまとめます。

公認心理師を目指している人の中には、通信大学の聖徳大学へ入学するか迷っている人がいると思います。特に、社会人や子育て中の人が大学で心理学を学ぼうとしたとき、通信制大学は選択肢のひとつになります。

筆者は、公認心理師になるために、聖徳大学心理学科へ3年次編入し、卒業後、国立大学院へ進学しました。

聖徳大学で心理学を学んだ筆者の体験談と、通学制の大学で心理学を学んできた大学院の同期・先輩の話をもとに、聖徳大学で学べることと学べないことを比較します。

 

  • 聖徳大学で学べること、できること
    • 心理学の広い基礎的な知識
    • 心理実習
    • 仲間を得る
    • 認定心理士の資格
  • 聖徳大学で学べないこと、できないこと
    • 大学院の受験対策
    • 卒業研究、卒業論文
    • カウンセリングのロールプレイ
    • ゼミへの所属
    • 先生への質問
  • 聖徳大学で得られた能力
    • 自己管理能力
    • 独学の力
    • 自信
  • まとめ

 

スポンサーリンク

 

 

 

続きを読む

参考書の選び方・探し方【通信制大学】

今回は、自分に合った参考書の選び方を解説します。

勉強をするとき、周囲に同じ環境で学んでいる人がいる・質問できる先生がいる環境の場合、おすすめの参考書などを教えてもらえる機会があると思います。

しかし、通信制大学の学生や、独学で勉強を進めている人は、勉強法やおすすめの参考書を教えてもらえる機会がなく、自分で参考書を探していく必要があります。

今回は「いい参考書に出会うためのアイデア」を筆者の視点からまとめます。

 

  • シラバスから探す
  • 本屋で探す
    • 大きめの書店に行く
    • 平積みされている参考書、在庫数が多い参考書をチェック
    • いろんな本屋で見かける参考書をチェック
  • 本から探す
    • 版数が多い本をチェック
    • 引用文献や参考図書
  • 口コミから探す
    • 先生
    • 友人・先輩
  • インターネットで探す
    • SNS
    • ブログ
  • 参考書選びで大切にしていること
    • 最初の2ページを読んで、内容がすっと頭に入ってくるか
    • 版数がどれくらい重なっているか
    • 「この人がおススメしてくれた本は間違いない」という人が紹介してくれた本
    • 多くの人が持っている書籍は、それだけの理由がある
  • まとめ

 

続きを読む

心理学のおすすめ本 一覧リスト【公認心理師・臨床心理士・心理カウンセラー】

最終更新日:2022年9月16日

 

今回は、心理カウンセラー(臨床心理士公認心理師)を目指す人向けに、心理学の本として参考書・専門書のおすすめ一覧リストを公開します。

こちらの内容は、実際に筆者が大学や大学院で心理学を学ぶ中で読んだ本の一部です。

各参考書の感想などは随時更新予定です。専門書・参考書探しに活用してください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

社会人から公認心理師を目指した私が通信大学の聖徳大学を選んだ理由

今回は、社会人から公認心理師を目指した自分が、通信制大学聖徳大学を選んだ理由をまとめます。

公認心理師を目指している人、通信制大学に入学するか迷っている人に参考になると思います。

 

  • 公認心理師になるには
  • 通信制大学を選んだ理由
    • 1.仕事と両立できる
    • 2.学費が安い
    • 3.入学試験が不要
  • 聖徳大学を選んだ理由
    • 1.心理実習に全員行ける
    • 2.最短2年間で卒業できる
    • 3.オンラインスクーリングが開講されていた
    • 4.自宅から通える範囲にあった
  • 通信制大学を選ぶ基準
  • 大学卒業後の進路
  • まとめ

 

スポンサーリンク

 

 

 

続きを読む

心理実習の服装・持ち物・購入したもの【公認心理師実習】【通信制大学】【医療機関】

今回は、公認心理師を目指すための心理実習(学部)へ行ったときの服装・持ち物・購入したものをまとめます。

実習先によって、必要な持ち物や指定される服装は異なるので、必ず実習先の指示に従いましょう

今回は、「医療機関(病院・クリニック)」で実習をした時の例を示します。

 

  • 服装
    • 白衣
    • 洋服
  • 購入したもの
    • ノート
    • バインダー
  • 参考書
    • 精神診療プラチナマニュアル
  • まとめ

 

スポンサーリンク

 

 

 

続きを読む