通信制大学から心理系大学院 合格までの道のり

公認心理師・臨床心理士を目指す人向けの情報サイトです。心理系大学院の受験情報や通信大学の卒業を目指す人向けに、勉強ノウハウをまとめています。

【現役合格】公認心理師試験に合格した参考書・勉強法【スケジュール】

最終更新日:2024年5月28日

投稿日:2024年3月30日

 

この記事では、公認心理師試験に合格した筆者が、公認心理師試験の勉強方法、使用した参考書、スケジュールについてまとめます。

 

筆者の受験はAルート受験で試験は3月実施のスケジュールです。大学院の実習や修論提出、就活などが重なり、十分な試験勉強の時間を作ることが難しい状況でした。これからAルートで受験する人は、同様なスケジュール・忙しさとなると思います。

筆者の場合、勉強を開始したのは試験の20日前、受験勉強時間は45時間でしたが、当日は8割を超える得点を取ることができました(合格ボーダーは6割です)。

勉強方法の好みや得意な方法は個人差があると思いますが、効率よく合格を狙うためのヒントになると嬉しいです。

 

なお、スケジュールや事務手続きに関しては今後変更となる可能性があるため、各自最新の情報をチェックしてください。

  • 受験までのスケジュール
    • 12月 出願書類集め、出願
    • 1月 出願締切
    • 2月 受験票発行 
    • 3月 試験日&合格発表&登録
  • 勉強スケジュール
    • 試験20日
    • 試験10日前
    • 試験5日前
    • 試験前日
    • 試験当日
  • 試験対策で意識したこと
    • 6割取れば合格できる
    • 難しい問題や知らない単語は深追いしない
    • 参考書を1冊に絞り、過去問をひたすら周回
    • 難易度の低い問題を優先的に抑える
    • アウトプット中心
    • 勉強時間の確保について
  • 使用した参考書
  • まとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

修論を書くのに役立った本【臨床心理学】

この記事では、大学院で臨床心理学を専攻していた筆者が、「修士論文」を書くのに役立った参考書を紹介します。

筆者は、修士論文ではインタビューを行い、質的研究を実施しました。研究計画の作成からインタビュー、分析方法の選定、論文の執筆に役立った参考書をまとめます。

 

筆者は、他学部から心理の大学院へ進学したため、この記事で紹介する本は「心理学の本格的な研究論文を初めて書いたときに役立った本」にもなります。

記事の最後には、引用文献の書き方を参考にした資料もまとめるので、これから心理学の卒業研究や修士論文に取り組む人、大学院受験のために研究計画書を作成している人の参考になると思います。

 

  • 研究全体で役立った本
    • 三訂版 心理学論文の書き方 卒業論文修士論文を書くために
    • 調査研究の方法
    • リサーチクエスチョンの作り方
  • 質的研究の分析方法を学ぶのに役立った本
  • 引用文献の書き方
    • 日本心理学会の手引書
  • パワポ発表資料を作る
    • よい資料を作るためのレイアウトのルール 増補改訂 3版 伝わるデザインの基本
  • まとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

心理職の求人の探し方をまとめてみた【公認心理師・臨床心理士】

この記事では、臨床心理士公認心理師の求人の探し方をまとめます。

実際に自分が就活をして、心理職の採用の流れや求人の探し方は、一般企業への就活とはスケジュールや求人の探し方で異なる点があると感じました。

心理系大学院に在籍している大学院生は「資格取得見込み」で求人を探す必要があります。

この記事では、実際に就活を体験した筆者が、求人の探し方や使ったサイト・SNSをまとめます。

 

あくまでも筆者が確認した当時の情報になります。求人事情は日々変化するため、各自最新の情報を集めるようにしてください。

 

  • 求人サイト
  • 就職先のHP
    • クリニック・病院のHP
    • 自治体のHP
  • 学会のHP
  • Twitter(X)
  • 大学経由
    • 大学のキャリア支援課、学科の事務室
    • OBOGや教員からの紹介
  • まとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

子育てしながら臨床心理士・公認心理師は目指せるのか?

最終更新日:2024年1月31日

投稿日:2024年1月31日

 

この記事では、社会人から臨床心理士公認心理師を目指すために心理系大学院へ進学した筆者が、「子育てと大学院生活は両立できるのか」「実習との両立はどれくらい大変か」について考察してみます。

この記事を読んでいる方の中には子育てをしながら、臨床心理士公認心理師になりたいと考えている人もいると思います。

 

子育てと大学院生活の両立と、大学院を選ぶときに気を付けたほうが良いこと、大学院進学を目指すにあたり、まずやるべきことについて解説します。

個人の状況や大学院・指導教員の理解によって育児との両立のしやすさは異なります。あくまでも筆者の主観であり、個人の意見であることを理解した上で、読み進めてもらえると幸いです。

 

  • 子育てと大学院生活は両立できるのか?
    • 子育てと心理系大学院の両立は不可能ではない
  • 子育てしながら大学院へ通う時に大変なこと
    • 時間の確保
    • 突発的な体調不良対応
    • 体力と睡眠時間
    • 必要なこと、やりたいことの取捨選択
    • 土日や平日夜に実習や授業があることも
  • 子育てしながら大学院へ通うことのメリット・強み
    • 子どもや発達に対する実体験と理解の深さ
    • 尋常じゃないパワーや信念、意欲、行動力を感じる
    • 人生経験が活きる
  • 大学院進学のためにやること
    • まずは志望校を決めるための情報収集
    • 大学院を選ぶときに注意すること
    • 長期履修制度を検討する
    • 英語・心理学の勉強と研究計画書の作成
  • まとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

公認心理師の実習前に読みたい!おすすめの本4選【心理系大学院】

この記事では、臨床心理士公認心理師を目指している大学生・大学院生向けに「実習前」に読んでおきたい本を紹介します。

筆者は公認心理師臨床心理士になるために大学生と大学院生時代に実習へ行きました。

病院やクリニック、教育機関福祉施設、大学院の相談センターなどで実習をする前に読んでおいてよかった本をまとめます。

 

  • 実習前におすすめの本
    • 心理職を目指す大学院生のための精神科実習ガイド
    • 発達障害の子の療育が全部わかる本
    • 精神療法プラチナマニュアル 第2版
    • 心理職は検査中に何を考えているのか?
  • まとめ

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

2023年に読んで印象に残った本

最終更新日:2024年1月2日

投稿日:2024年1月2日

 

この記事では、2023年に読んで印象に残っている心理学の参考書を紹介します。

公認心理師臨床心理士を目指して大学院に在籍している筆者が、個人的に印象に残った本をまとめました。

  • 心理職は検査中に何を考えているのか? アセスメントからテスト・バッテリーの組み方、総合所見作成まで 岩崎学術出版社
  • 心理職の仕事と私生活 若手のワーク・ライフ・バランスを考える 福村出版
  • 質的研究法マッピング 特徴をつかみ、活用するために 新曜社

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む

社会人から臨床心理士を目指す人の大学院の選び方

最終更新日:2024年5月28日

投稿日:2023年10月9日

 

社会人から臨床心理士を目指すために心理系大学院への進学を検討している人向けに、大学院の選び方や進路の考え方についてまとめます。

筆者は、実際に社会人から臨床心理士公認心理師を目指すために大学院へ進学した経験者です。

 

この記事を読むことで、大学院進学を決めるまでに考えること、実際の大学院の選び方、仕事との両立、受験対策などについて知ることができます。

大学院の実態は、学校ごとに大きく異なります。あくまでも筆者の一意見・個人的体験に基づく内容であることを理解した上で読み進めてください。

 

  • 大学院受験の前に考えること
    • 公認心理師の資格も取得するのか
    • いつ受験して、いつ大学院へ進学するのか
    • 仕事について
    • お金のこと
  • 大学院の選び方
    • 社会人経験者の合格実績
    • 研究テーマと指導教員
    • 現実的な問題(通学時間・拘束時間の長さなど)
    • その他
  • 受験を決めた人がやること
    • 大学院の情報収集と志望校決定
    • 研究室訪問
    • 入試対策(心理学・英語・統計の勉強)
    • 研究計画書の作成
    • 面接対策
    • 健康になる(体力・精神面ともに)
  • おすすめの本
    • 心理職の仕事と私生活 若手のワーク・ライフ・バランスを考える
    • 心理職大全
  • まとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

続きを読む