通信制大学から心理系大学院 合格までの道のり

公認心理師・臨床心理士を目指す人向けの情報サイトです。心理系大学院の受験情報や通信大学の卒業を目指す人向けに、勉強ノウハウをまとめています。

社会人から公認心理師を目指す人向けの通信制大学の選び方

最終更新日:2022年8月2日

 

今回は、社会人から公認心理師を目指す人向けに、「通信大学」の選び方を、実際に通信制大学聖徳大学)を卒業した自分が解説します。

公認心理師になるためには、4年制大学を卒業後、大学院で2年間学び、必要な単位の取得&実習カリキュラムをこなし、国家試験を受験する必要があります。

この記事では、4年制大学(学部)で必要な単位を取得するための選択肢の一つである「通信大学」の選び方をまとめます。

 

この記事の執筆時点では、日本国内で公認心理師の資格が取れる通信制大学*1の数は非常に少ないのが現状です。

2022年7月時点では放送大学」「聖徳大学」「京都橘大学」「東京福祉大学の4校になります。

大学ごとに実習の要件や卒業に必要な年数などが少しずつ異なります。通信制大学ごとの違いは、実際に在籍していた人でないとなかなかわからないと思います。

 

今回は「聖徳大学」を卒業した筆者の視点から、通信制大学の選び方をまとめます。

また、サイト内の情報は、執筆時点の情報です。情報が異なっていても、筆者は責任を負えないのでご注意ください。通信大学を選ぶときには必ず最新の情報を確認しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

卒業に必要な年数

既に4年制大学を卒業している人

既にほかの4年制大学を卒業している人(大卒資格がある人)の場合、通信制大学「3年次編入することができます。

ストレートで卒業できれば、通信大学には最短の2年間在籍で、学部における公認心理師カリキュラムの単位を取得することが可能です。

3年次編入した場合、聖徳大学は2年間で卒業することが可能です。

しかし、他の通信大学の場合、公認心理師の課程を修了するためには最短でも3年間在籍する必要がある大学があります。(京都橘大学など)

通信大学を選ぶとき、最短何年で卒業できるかについてチェックしておきましょう。

 

大卒資格がない人

大卒資格がない人は、通信制大学に1年生から入学する必要があるため、卒業までに4年間在籍することになります。

また、大学を中退した経験のある人は、今までに取得した単位が認められ、2年生や3年生から編入することが可能な場合があります。入学を検討している大学へ問い合わせてみることをおすすめします。

 

実習の選抜について

公認心理師を目指す場合、学部4年時に64時間の実習に行く必要があります。

この「実習に行けるか」という点が、通信制大学から公認心理師を目指す人にとって、一番の大きな壁になります。

実習に行く前に「心理演習」というスクーリングの授業を受ける必要があるのですが、その授業の受講者数が限られている大学が多くあります。

 

高い倍率を勝ち抜き、実習に行く

執筆時点で、放送大学京都橘大学は、「心理演習」の授業を受講するために、大学内で高い倍率の抽選や選抜を突破する必要があります。

その倍率が大変高く(希望者に対して、実習に行ける定員があまりにも少ないため)、それ以外の単位はすべて取っている人も、泣く泣く卒業や実習を延期せざるを得ない状況にあるそうです。

しかし、その選抜さえ勝ち抜ければ、実習先は大学が用意してくれているため、確実に実習に行くことができます。

 

実習先を自己開拓する

筆者の卒業した聖徳大学の場合、希望者は全員「心理演習」の授業を受けることができます

その代わり、「実習先を自己開拓」する必要があります。聖徳大学の場合、実習先を大学が斡旋してくれることはありません。

自己開拓は大変ですが、大学内の選抜はないため*2実習先さえ確保できれば誰でも卒業できるというのは大きな特徴です。

 

実習先の自己開拓の実態や体験談、自己開拓のノウハウは、このサイトでも解説しています。

psychology-study.com

 

今後、各大学の心理演習や心理実習の体制については、変更されることが予想されます。

通信大学の説明会に参加した時に、それぞれの大学で希望者は全員実習に行くことができるのかについて、確認することをお勧めします。

 

卒業論文が書けるのか

卒業論文」「卒業研究」の有無も、大学によって異なります。

例えば、放送大学だと卒業論文は書けますが、聖徳大学卒業論文」に関係する単位自体が開講されていないため、卒業論文を書くことができません

学部の卒業後、大学院へ進学する場合、大学院入試で「卒業論文」の提出が要求されることがあります。(大学院によります)

前の大学で卒業論文を書いたことのある人は、その論文で対応可能な場合もあります。

 

しかし、今まで大学に在籍した経験のない人は手持ちの論文がないと考えられます。

大学院受験を見越して、「卒業論文」が書ける通信大学を選ぶというのも、一つの選択肢です。

卒業論文が書けない聖徳大学を卒業した自分が、どのように大学院入試を突破したのかについてはこちらにまとめました。

psychology-study.com

 

スポンサーリンク

 

 

 

学習スタイル

スクーリング

通信制大学の学習は、独学が基本となります。

聖徳大学の場合、多くの科目は、「教科書を読み、レポートを書いて、試験を受ける」といった流れで単位を取得していきます。

しかし、公認心理師になるために必要な単位の中には「スクーリング」といって、先生から授業を受ける必要のある科目があります。

 

社会人として仕事をしつつ、スクーリングに参加するのは簡単なことではありません。平日や土日の実施状況について確認してみましょう。

 

聖徳大学を卒業するために必要となったスクーリングの日程を曜日別にまとめた記事はこちらです。

psychology-study.com

 

2022年現在、コロナの関係で聖徳大学のスクーリングは全面オンラインで開講されています。

リアルタイムで実施される形式と、オンデマンド形式(映像を配信・指定された期間内に映像を視聴するスタイル)の2形式があり、科目によって形式が異なります。

オンデマンド形式のスクーリングであれば、仕事の後などに受講することも可能かもしれません。

 

聖徳大学の各科目のスクーリングの様子については、こちらの記事にまとめてあります。

psychology-study.com

 

映像授業があるか

スクーリングとして開講されている単位以外で、どのような学習スタイルが取られているかについてもチェックしてみましょう。

自分が、教科書を一人で読んで理解できるタイプなのか、誰かの解説を聞きながらの方が理解が進むタイプなのかを考えてみるのがおすすめです。

 

聖徳大学の場合、スクーリング以外に映像授業はありません。すべて独学でレポートや試験に取り組む必要があります。

放送大学の場合は、映像授業やラジオを使った授業もあるみたいです。

(ほかの大学の学習スタイルについては、筆者もあまり理解していないため、現役生・卒業生の方など情報提供してくださると助かります)

 

 

通信制大学へ入学するか迷っている人へ

まずは入学してから考えてもいい

この記事を読んでくれている人の中には、通信制大学に入学するか迷っている人もいらっしゃると思います。

社会人が公認心理師を目指すためには、さまざまなハードルがありますが、自分が聖徳大学に在籍していた頃は、同じ志を持った社会人学生の方にたくさん出会いました。

通信制大学で学ぶ中で「心理学とはどのような学問なのか」「公認心理師には何が求められるのか」といった全体像が少しずつ明確になっていきました。

 

まずは、通信制大学に入学して、心理学を学びながら、その先の大学院へ進学するのかを考えてみるのもいいと思います。

生活に応用できるのが心理学の面白さです。仕事や日常生活、友人とのコミュニケーションにとても活かされています。

 

まとめ

今回は、社会人から通信制大学を目指す人向けに、通信制大学の選び方をまとめました。

放送大学聖徳大学京都橘大学東京福祉大学などの通信制大学があり、それぞれ特徴は異なります。

入学説明会に参加するなどして、情報を集め、自分に合った通信制大学を選ぶヒントにしてもらえたら幸いです。

 

このサイトには、聖徳大学を最短の2年間で卒業するための勉強ノウハウや、大学院受験対策についてまとめてあります。

更新情報はTwitter(@mtmt_yama_)をチェックしてください。

 

聖徳大学の評判 まとめ

psychology-study.com

 

聖徳大学 入学前の人からよく聞かれるQ&A集

psychology-study.com

 

聖徳大学 卒業体験記

psychology-study.com

 

▶大学院受験 合格体験記

psychology-study.com

 

▶大学院受験 概要

psychology-study.com

 

▶記事を探すとき

psychology-study.com

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 サイト運営について                 

このサイトは、通信制大学での学習や大学院受験の情報集めで苦労した経験から、少しでも同じ境遇の人の役に立ちたいと考え、立ち上げました。

 

ありがたいことに想像以上の方に閲覧していただいています。

「信頼できる情報が少ない中、参考になった」「心理学を学ぶ一歩を踏み出すきっかけとなった」というお声もいただいています。

自分としては、できるだけ長期間、サイト運営を継続したいと考えています。

 

もし「このサイトが役に立った」「もっと長く運営してほしい」「記事数を増やしてほしい」と感じてくれる方がいらっしゃいましたら、投げ銭していただけるとサイト運営のモチベーションになります。

投げ銭は、リンク先のnoteから行えます。noteにはオフレコの話や、実習先の自己開拓の話などを書いています。

note.com

*1:公認心理師の資格を取るためには、通信制大学の学部卒業後、大学院へ進学する必要があります。

*2:実習に行くための条件としてGPA2.5が以上必要となります。聖徳大学の勉強ノウハウは当サイト内に記載しているため、参考にしてください