通信制大学から心理系大学院 合格までの道のり

公認心理師・臨床心理士を目指す人向けの情報サイトです。心理系大学院の受験情報や通信大学の卒業を目指す人向けに、勉強ノウハウをまとめています。

社会人他学部出身者が心理系大学院に合格できた理由7選【公認心理師・臨床心理士】

今回は、心理系大学院に合格できた理由を分析します。

自分は、社会人他学部から、通信制大学に3年次編入し、4年生の後期受験で、第一志望校の国立大学院に合格することができました。

公認心理師を目指して、心理学の勉強を始めてから2年弱、受験勉強は約1年半という期間で、第一志望校に合格できた理由をまとめます。

大学院受験全般について書いたので、心理系以外の大学院を目指している人にも、参考になります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

1.予備校に通った

一番合格に貢献してくれたのは、予備校に通ったことだと思います。社会人他学部出身の自分が、独学・独力でこの短期間で心理系大学院に合格できたのは、予備校に通ったおかげでした。

勉強開始時点では、心理学の知識が全くなかった上、通信制大学では、ほとんど心理学の授業を受けることができませんでした。そのため、予備校で、心理学の基礎的な知識を学び、受験勉強で活かせる知識として自分の中に消化していく作業を繰り返しました。

また、研究計画書の作成方法を教えてもらったり、添削・面接対策なども行ってもらいました。

時間の節約と効率的な学習という点で、予備校を活用できたのが良かったと考えています。

もちろん、すでに心理学の知識がある程度ある人や、周囲に研究計画書の添削をしてくれる人がいる場合は、必ずしも予備校に通う必要はないと思います。

psychology-study.com

 

psychology-study.com

 

 

2.早めに大学院の情報を集め始めた

心理学の勉強開始した、3年4月から、大学院の情報を集め始めました。志望校が一切決まっていなかったうえ、心理学に関して頼れる知人がいなかったため(心理学部出身の友人がいないため)、独力で大学院の情報を集めていました。

大学院の情報を集めるついでに、過去問も集めていたため、「どのような対策をしていくべきか」「大学院受験ではどのような能力が求められるのか」「心理学や英語の水準をどこまで上げる必要があるのか」について、考えながら大学3年生~4年生の期間を過ごすことができました。

ただ漠然と学習を進めるのではなく、早い段階でゴール地点を把握しながら、通信制大学の学習や、受験対策に取り組めたのはよかったと思っています。

psychology-study.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

3.志望校の先輩と知り合いになった

先にも書きましたが、心理学部出身の友人がいないうえ、コロナ禍で通信制大学の授業もオンラインだったため、大学院に関する情報を、人から入手する手段がありませんでした。

そこで、様々な工夫をして、志望校の先輩と知り合うための行動を取っていました。

複数の大学院の先輩に良くしてもらい、内部の情報や、受験対策について教えてもらいました。また、研究計画書の添削をお願いしたりもしました。

大学院の入試問題の傾向は、大学院ごとにかなり違うので、やはり合格者である志望校の先輩から生の声を聞けたことが、受験対策をするうえで大変役に立ちました。

psychology-study.com

 

4.過去問研究をたくさんした

過去問をできるだけ早い段階で集め、過去問研究は定期的に行っていました。最初は過去問を見ても何が出題されているのか、どのような分野なのかもさっぱり分かりませんでした。

しかし、心理学の勉強を進めるうちに少しずつ「この分野の出題が多い」「〇〇先生の専門分野から出題される問題が多い」と過去問の傾向をつかめるようになってきました。

受験前1か月は、ひたすら過去問演習やアウトプットの練習を行っていました。

自分の場合、特殊な状況で、受験校を1校に絞っていたので、結果的に志望校の過去問研究により時間がかけられたという状況でもあったと思います。(不合格になったら、仕事をしながら浪人する予定でした)

過去問研究にかける時間を考えると、多くても2~3校の受験が限界かなと思っています。

psychology-study.com

 

スポンサーリンク

 

 

5.通信大学の学習を3年生の間にほぼ終わらせた

これは通信制大学に通っている人限定の話になりますが、自分の場合、通信大学の学習を3年生のうちにほとんど終わらせていました。3年生のうちに取れる、レポートや試験、スクーリングは全て受講を終わらせたうえで、4年生の時間は全て受験勉強に使えるように学習計画を立てていました。

通信制大学での学習についてはこちらにまとめました。

psychology-study.com

 

6.ながら勉強をしなかった

勉強に使える時間が限られていたので、勉強をするときには「集中するぞ」と決めて、机に向かって勉強に取り組んでいました。

昔はよくやっていた、ベットの中で教科書を読むとか、動画を見ながらペンを握って勉強をする、という「ながら勉強」はやめていました。

その代わり、眠気が襲ってきたり、集中力が切れた時は潔く勉強をやめ、気分転換にリラックスしたり、散歩に出かけたりしていました。

 

7.集中できる場所を複数用意した

自宅以外にも集中して勉強できる場所を複数用意しました。ファミレスやカフェ、コワーキングスペース、図書館などで快適な場所を探し、勉強に行き詰ったときや集中できないとき、気分転換をしたいときは場所を変えて勉強をしていました。

家にいるとダラダラしてしまう時もあるので、そのような日には潔く場所を変えて、集中できる環境で勉強に取り組んでいました。

多少費用はかかりますが「場所代」だと考えたり、「1年浪人するよりは、今勉強に集中して合格したほうが結果的に費用対効果が高くなる」と考えていました。

 

まとめ

今回は、自分が大学院受験に合格できた理由を分析してまとめてみました。

 

このサイトには、大学院受験対策について、心理学・統計学・英語の対策や、研究計画書、面接対策、研究室訪問、志望校の探し方など、かなり詳細に自分のやったことをまとめています。受験に必要な費用や、大学院合格までの勉強時間に関する情報もまとめてあります。

 

▶心理系大学院受験 概要

psychology-study.com

 

▶心理系大学院 合格体験記

psychology-study.com

 

▶勉強方法まとめ

psychology-study.com

 

▶心理系大学院受験 Q&A集

psychology-study.com

 

サイトの更新情報はTwitter(@mtmt_yama_)をチェックしてください。

自分に合った記事を探すときは「サイトマップ」が便利です。

psychology-study.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

 サイト運営について                 

このサイトは、通信制大学での学習や大学院受験の情報集めで苦労した経験から、少しでも同じ境遇の人の役に立ちたいと考え、立ち上げました。

 

ありがたいことに想像以上の方に閲覧していただいています。

「信頼できる情報が少ない中、参考になった」「心理学を学ぶ一歩を踏み出すきっかけとなった」というお声もいただいています。

自分としては、できるだけ長期間、サイト運営を継続したいと考えています。

 

もし「このサイトが役に立った」「もっと長く運営してほしい」「記事数を増やしてほしい」と感じてくれる方がいらっしゃいましたら、投げ銭していただけるとサイト運営のモチベーションになります。

投げ銭は、リンク先のnoteから行えます。noteにはオフレコの話や、実習先の自己開拓の話などを書いています。

note.com

 

<おすすめの記事>

psychology-study.com

psychology-study.com

psychology-study.com